今月の新刊5冊目(2017年11月)

france 『とびだす まなべる せかいのいきもの』

生き物とひと口にいっても、場所によっていろいろ。

日本で思い浮かぶのは、せいぜいが山、森、海の生物ぐらいですが、世界じゅうをみてみると、サバンナ、ジャングル、砂漠、深海といった極限の環境にも、じつにいろいろな生き物がいます。

ああ刊

パイ インターナショナル刊

ページをめぐると、そんな場所ごとに、動物、鳥、虫、魚たちがとびだしてきます。

北極のシロフクロウ、ジャングルのタランチュラ、砂漠のオリックス・・・・・・、めずらしい生き物にもたくさん出会えます!

とにかく、絵がかわいくて、色がきれい(フランスっぽい!)。

クリスマスプレゼントにいかがですか?

​(Y)

ノンフィクション翻訳本 今年の3冊

毎年、この時期になると、ノンフィクション出版に携わる編集者さん、翻訳者さん、エージェントさんが集まる、「ノンフィクション出版翻訳忘年会」が開かれます。

参加者たちの投票で、今年出版されたノンフィクションの翻訳本から「翻訳者・編集者・エージェント おすすめの『今年の3冊』」が選ばれ、その席で発表されます。

そして、今年は、弊社が翻訳を手がけた『ヒルビリー・エレジー』が堂々の1位に選ばれました!

IMG_7870_3

トランプ大統領誕生を裏で支えた「ヒルビリー」たちの実態を描いたこの作品、大統領就任後できるだけ早く刊行すべく、昨年のいまごろから年始にかけて、翻訳者たちは、年末年始返上でがんばっていましたっけ。

​ご担当編集者さんをはじめとする版元さん、書店さん、そして書評を書いてくださった方々のおかげで、たくさんの方に読まれ、こ​のような​名誉にあずかることもできました。

あらためて、お世話になった方々、そして今回投票してくださった方々に心から感謝いたします!

no1-3_2

 

(Y)​

今月の新刊4冊目(2017年11月)

germany 『ローダンNEO 5 ミュータント』

ローダンNEO〉シリーズの第5巻『ミュータント』が刊行されました。

早川書房刊

早川書房刊

月から帰還した《スターダスト》は中国軍の砲撃に遭います。操縦するブルはなんとか助かりますが、《スターダスト》は破壊されてしまい、ローダン陣営はますます不利な状況に……

そんな緊迫した場面から始まる本作ですが、タイトルのとおり、ミュータント(異能者)が多く登場します。そして今回はなんと、第1巻から登場して重要な役を演じるシドの過去が明らかになります!

さらに、シドの過去の物語には、療養中のクレストの物語にも登場する、ある人物が現れ……

ひとつの物語から新たな物語が生まれ、別の物語につながっていく。そんな流れに身を任せながら、どんどん読み進めたくなるシリーズです

今後の展開に期待が高まります。

(I)

今月の新刊3冊目(2017年11月)

united states of america 『Hit Refresh(ヒット リフレッシュ)――マイクロソフト再興とテクノロジーの未来』

マイクロソフトの第3代最高経営責任者(CEO)、サティア・ナデラによる注目の著作です。

日経BP刊

日経BP刊

インド出身のサティア・ナデラは、21歳の誕生日に渡米し、大学院で情報科学の修士号を取得。その後、シリコンバレーを経て、1992年にマイクロソフトに入社。以降、さまざまな製品やイノベーションを主導してきました。

哲学的信念と「共感」経営でマイクロソフトを復活させたインド人CEO、サティア・ナデラとはどんな人物なのでしょうか。

その答えが本書にあります。
この機会にぜひご一読を。

ビル・ゲイツによる序文つきです。

(P)

今月の新刊2冊目(2017年11月)

united states of america 『「困った人」との接し方・付き合い方』

パンローリング刊

パンローリング刊

やってほしいことをちっともやってくれない。
やってほしくないことばかりする。
なんで、いまそんなことするの?
なんで、そんなこと言えるわけ?

あなたのまわりにも、その挙動が理解不能な「困った人」はいませんか?
あなたは、そんな人とのコミュニケーションに疲れ果てていませんか?

この本では、「困った人」を13のタイプに分けて対処法を考えます。
〈戦車〉〈狙撃手〉〈博識家〉〈知ったかぶり〉〈手榴弾〉〈八方美人〉〈優柔不断〉〈何もしない〉〈否定人〉〈愚痴り屋〉〈裁判官〉〈おせっかい〉〈殉教者〉

あなたを日々困らせている人も、上のどれかのタイプに必ず入るはず。

これを読めば、そんな人ともさほどストレスなく付き合っていけるようになります。
お試しあれ!

(Y)

今月の新刊1冊目(2017年11月)

france 『さわれる まなべる さむいくにのどうぶつ』

大好評の『さわれるまなべる』シリーズの第5弾!

パイ インターナショナル刊

パイ インターナショナル刊

今回の主人公は、寒い国の動物たちです。
寒い国にはどんな動物たちがいるのでしょう?

ペンギン、ホッキョクグマ(シロクマ)、セイウチ、トナカイ……。

もともと、寒い国の動物は、凍死しないように毛や羽根で身を守っています。
シロクマのふさふさした毛やアザラシの赤ちゃんのふわふわしたからだやペンギンの羽根を、絵で見るだけではなく、指で触って感じてみましょう。

モフモフです。

モフモフです。

だんだん寒くなるこの季節。
クリスマスプレゼントにもぴったりです。

(Y)

今月の新刊9冊目(2017年10月)

sweden_2 『ミレニアム4 蜘蛛の巣を払う女』(文庫、上・下)

8300万部。
これは、『ミレニアム』1、2、3の全世界の累計売り上げ数です。

早川書房刊

早川書房刊

世界に北欧ミステリーブームを巻き起こした『ミレニアム』。
第1部は、ハリウッドで映画化もされました。

著者のスティーグ・ラーソンは10部作にするつもりで書き始めたといわれていますが、第4部を執筆している途中で急死します。
ストーリー上の数々の謎が解明されないまま第3部で終わりかと思いきや、2014年末、新たな著者、ダヴィド・ラーゲルクランツによる第4部がスウェーデンで刊行され、これまた各国で大ヒットしました。

当初は新たな作家による続編に反発を感じていた人たちの多くも、その出来に驚いたとか。
ハリウッドでは、第2部、第3部を飛ばして、現在、この第4部の映画化が進行中です。

日本でも2015年12月に単行本で刊行されましたが、このたびようやく文庫化されました。

第4部をまだ読んでいないあなた、ミレニアム5が出ないうちに(年内に単行本で刊行されちゃいます)、早く読んでおいほうがいいですよ!

(Y)

 

今月の新刊8冊目(2017年10月)

france 『どうぶつピラミッド』

しかけ絵本にもいろいろありますが、これは、ページをめくっていくたびにどんどんどんどん長くなり、最後には長さ2メートルにもなる「絵巻もの絵本」です。

NHK▼

NHK出版刊

今日は、ヤツガシラ(←鳥)のフープーの誕生日。
世界じゅうから200種類もの動物がお祝いにやってきました。
プレゼントをもった動物たちが、つぎつぎに積み重なって、高い高いピラミッドのできあがり!

絵本をどんどん長くしながら、どこにどんな動物がいるか探すのも楽しい。

IMG_7720_3

広げると2メートル近くに!

ひとつひとつの動物のイラストと名前つき。
テングザル、シシオザル、マーモセット、テガナザル、コロブスモンキー、リスザル……と、サルだけでも15種以上。

合計200種類もの動物たち

合計200種類もの動物たち

一見とてもかわいいイラストですが、よく見ると同じサルでも細かい色や形が微妙に違い、実物そのままの緻密さです!

(Y)

今月の新刊7冊目(2017年10月)

united states of america 『人を操る説得術』

タイトルから、会社のプレゼンでどうやったら上司や同僚を説得できるか……という場面を想像するかもしれませんが、本書は単なるビジネス本ではありません。

パンローリング刊

パンローリング刊

冒頭はたとえば、こんな感じです。

「幸運のこびと」について考えてみてほしい。考えてくれただろうか。よろしい。それでは、直感で1から10までのうちの数字をひとつ挙げてほしい。いますぐ! 最初に思い浮かんだ数字から変えないこと。あなたはどの数字を思い浮かべているだろうか。絶対とは言えないが、おそらく「7」を思い浮かべているのではないだろうか……。

どうですか?
「7」を思い浮かべませんでしたか?
(なぜそうなるかというつづきは本書で……)

私たちは、その都度、自分で考えて判断しているつもりでも、じつはいろいろなことに影響を受けています。ときには相手にコントロールされていることも……。
本書では、心理学にもとずき、日常生活での具体例を挙げて丁寧に説明してくれます。

ここで紹介されている7ステップを読むと、一見矛盾してみえる自分の行動や他人の行動の原因に気づかされ、はっとすること間違いなし。

家族、友人、恋人、上司や同僚との人間関係にとっても、絶対に役に立つ一冊です!

(Y)

今月の新刊6冊目(2017年10月)

germany 『ローダンNEO 4 ヴィジョン』

7月から毎月1冊のペースで刊行が始まった〈ローダンNEO〉シリーズも、早いもので4巻目に入りました。

《スターダスト》で月へと旅立ったペリー・ローダンの相棒レジナルド・ブルは、アルコン人の宇宙船《アエトロン》が爆破されているのを目にします。一方、建設中の独立都市テラニアでは、ローダンの理想に共感してテラニアを目指す人々が現れ――

早川書房刊

早川書房刊

正篇の〈宇宙英雄ローダン〉とは異なり、〈ローダンNEO〉では、メインのストーリーとは別にサブストーリーがいくつも並行して進行します。

〈ローダンNEO〉第1シーズンは全8巻。いわば折り返し地点にたどり着いたわけですが、巻を追うごとに同時進行の物語が徐々につながっていく……かと思いきや、新たなミュータントのストーリーが始まるなど、世界がさらに広がっていきます。

〈宇宙英雄ローダン〉と同じように、複数の作家によるリレー小説形式を採用しているため、巻によって微妙に雰囲気が異なっているのも本シリーズの特徴。その違いを味わうのも、〈ローダンNEO〉の楽しみどころの一つと言えるでしょう。

まだまだ広がっていく〈ローダンNEO〉の壮大な世界。
この機会にぜひ、お手にとってみてください!

(I)