新年のご挨拶

 

nengajyo2021d

みなさま、あけましておめでとうございます。

昨年は、新型コロナウイルスの感染拡大によって世界中で予期せぬ事態が起こりました。

弊社では「コロナ終息に向けて」と題し、26か国からのレポートをこのブログでお伝えしました。レポート第一弾は第一波が少し落ち着きはじめた5月、その後は「終息に向けた」レポートがお伝えできると思いきや、4カ月後の第二弾のころには各国で第二波に見舞われてしまい、大変な年となりました。

そんななか、ステイホームとともに「本の力」が少し見直された年でもあったのではないでしょうか。

弊社では、翻訳した作品の刊行時期が予定より遅くなるなどがあったものの、昨年も100点以上のさまざまな言語の書籍を翻訳することができました。

ほかにも月刊誌『WIRED』のWEB版の翻訳、内閣府発行の小冊子の英・仏・西訳、ノンフィクションや児童向けの和書の英訳といった、定期刊行物の翻訳や日本語から外国語の仕事も多く手がけました。

お世話になったみなさまに、心からお礼を申し上げます。

2021年の幕開け、各国で感染者がさらに増え、東京をはじめ日本でもまた外出もままならい状況になっています。コロナ禍の終息時に予定しております「各国レポート第三弾」をお伝えできる日が一日も早く来ることを願ってやみません。

スタッフ・翻訳者一同、健康に留意し、いっそう精進してまいります。
みなさまもどうぞお体に気をつけてお過ごしください。

本年もどうぞよろしくお願いいたします。

2021年1月
株式会社リベル

フランス絵本展

都立中央図書館でフランス絵本展「フランス絵本の世界にようこそ!」が開かれています。7月8日(日)まで。

フランス絵本展2018

7月14日から、アンスティチュ・フランセ関西でも巡回開催されるそうです。

(M)

BOOKMARK

bookmark_2018summer

BOOKMARK(2018年夏号)が届きました。
弊社が翻訳を担当した、ジョルダーノ『兵士たちの肉体』(飯田亮介訳、早川書房)も紹介されています。

(M)

スロベニアからの到来物

Slovenia 昨年にひきつづき、スロベニアからのお客さまが岩塩とチョコレートをもってきてくださいました。

IMG_6281_2

​おいしい昨年のお塩がちょうど切れたところでした。昨年と同じメーカーですが、容器がかわいいボトルで、塩自体もちょっと感じが違います。さっそく、重宝しそうです。​

​素敵​なパッケージのチョコレートもいただきました。オーストリアのモーツァルトチョコに似ているなと思っていたら、こちらはスロベニアの有名な詩人“プレシェーレン”のチョコなのだそうです。なかにヌガークリームが入っていて、ヨーロッパっぽい伝統的な味。

ごちそうさまでした​!

(T)

スウェーデンに行ってきました!《到来物編》

sweden 正味4日間という短い滞在でしたが、スウェーデンに別れを惜しみながら持ち帰ったお土産がこちら。

北欧のお酒といえばアクアビット。『ミレニアム』でも主人公が寒さに震えながら飲んでいましたっけ? ジャガイモからつくった蒸留酒でアルコール度数は40度以上。
となると、おつまみはやはり、ヘラジカの肉のジャーキー。

IMG_5813_2IMG_5804_2

スウェーデングッズに欠かせないのがヘラジカやトナカイ、そしてダーラナホース(ダーラナ地方発祥の木彫りの馬)です。こんなかわいいクネッケやチョコレートを見つけました。

IMG_5821_2

IMG_5824_2

ヘラジカと馬をモチーフにした、ランチョンマット、カップ、木でできたバターナイフ。どれもとってもオシャレなお土産と喜ばれました。

IMG_4188_2

5月初旬のストックホルムは、日中20℃以上になる日もありましたが、最後の日は雪がちらつく寒さ! でも、景観も食べ物も道行く人たちも、なにもかもが穏やかでシックで心地よい旅でした。

みなさんも機会があれば、ぜひ行ってみてください!

(Y)

スウェーデンに行ってきました!《ミレニアム編》

sweden 全世界での累計発行数が1億部といわれているスウェーデンミステリ『ミレニアム』。

この小説の主人公ミカエルやリスベットが住んでいるのも、ミカエルが働いている雑誌『ミレニアム』の編集部があるのも、ストックホルムのセーデルマルム島です。

私が宿泊したホテルは偶然にもこのセーデルマルムにありました。
すぐ近くの市立博物館のウインドーには、市が主催するミレニアムツアーのポスターが。

IMG_4508_3

そこで小説冒頭の地図を頼りに、私もミレニアムツアーをしてみました。

まずミレニアムの編集部があるのは、スウェーデンでももっともオシャレな通りといわれているヨート通りの坂の途中。まわりにはカフェやブティックが並んでいます。

IMG_5503_2

路地に入ると、こんなレコード屋さんも……。

IMG_4184_2

そこから5分ぐらいのところ、小高い丘の上にリスベットが大金持ちになってから引っ越してきたというフィスカル通りがありました。ここから見えた夕焼け空と海の風景は忘れられません。

IMG_5558_3

ミカエルが住んでいるのは、セーデルマルムの中でももう少しダウンタウン。行き止まりに教会の尖塔が見える閑静な地域で、いかにも業界人が住んでいそう。

IMG_4186_2

最後に、リスベットが最初に住んでいたルンダ通りは、セーデルマルムでもかなりはずれ。実際に、スウェーデン映画「ミレニアム」ではこの通りのアパートがロケに使われていました。

IMG_5688_2

今年は、スウェーデンをはじめ、各国で『ミレニアム』第5巻が刊行される予定です。
5巻めではストックホルムのどこが舞台になるのか、いまから楽しみです。

(Y)

スウェーデンに行ってきました!《食べ物編》

sweden スウェーデンの食べ物といえば、まず思い浮かぶのがニシンとサーモン。

ホテルのすぐ近くに、地元の人にも人気のニシンサンドイッチの屋台がありました。
スウェーデンの主食ともいえるクネッケの上にニシンのフライ、キュウリのタマネギのマリネがのっているだけなのですが、絶品でした!

IMG_3849_2

IMG_3851_2

スウェーデン人の旧友の家に招かれてのディナーでは、前菜には小エビや魚の卵がのったカナッペ、メインには二種類のサーモン。どれも新鮮でおいしい! 必ず、ゆでたジャガイモとクネッケもいっしょです。

IMG_4464_2

IMG_4470_2

最終日は、生鮮市場のなかで、スウェーデンビールとともにミートボールとトナカイを食しました。主食はマッシュポテト。トナカイのお肉もさっぱりしていてとても食べやすかったです。
クリーム仕立てのソースの横には、まるで福神漬けのようにベリーの赤いジャムが……。最初は「ジャム!?」と思っていたのに、何度か食べているうちにジャムを混ぜないと何か物足りない。すっかり癖になりました。

IMG_4182_2

こちらの人はとにかくよくコーヒーを飲みます。
スウェーデンではお茶することを「フィーカ」といいますが、ストックホルムのカフェはどこも個性的なのに落ち着いている。
シナモンロール片手の「フィーカ」にうってつけでした。

IMG_4676_2

IMG_4396_2

(Y)

スウェーデンに行ってきました!《乗り物編》

sweden 仕事の打ち合わせを兼ね、スウェーデンのストックホルムとスンツヴァルに行ってきました。

IMG_4397_2日本では家具や雑貨だけでなく、本の世界でもちょっとした北欧ブームですが、その中心といえるスウェーデンは期待どおり、洗練されている素敵な国でした!

まずは、時速200キロのアーランダエキスプレスで空港からストックホルムの中心へ。

IMG_4149_3そしてすぐに、ローカル列車に乗って首都から北へ400キロのスンツヴァルに行きました。車窓から見えるのは森、森、森。かつて林業で栄えたスンツヴァルは、こじんまりとしながらも石造りの建物が並ぶかわいらしい街でした。

IMG_4263_2大都市ストックホルムは14の島でできています。どこにいてもすぐそこは海。目の覚めるような青空と海のあいだに教会の尖塔をはじめヨーロッパならではの建物が並んでいます。それぞれの島のあいだには橋がかかっているので、徒歩・バス・地下鉄(橋の上だけは地上に出る)・トラムといろいろな交通手段で行き来できます。もちろん、船でもOK。

IMG_5219_2

IMG_4122_2

そして、道行く人もお店の人もスウェーデンの人たちはだれもかれもが本当に親切!
完璧な英語で質問の答え以上のことを正確かつ丁寧に教えてくれました。
これも平等教育のたまものでしょうか……。

IMG_5392_2

(Y)

台湾からの到来物

taiwan 台湾のパイナップルケーキをいただきました。

IMG_3568_3

「オークラプレステージ台北」という高級ホテルで売られているものだそうで、パッケージもすてきです。

IMG_3593_2

記憶に残るおいしさでした。
ごちそうさまでした。

(S)